ってくれますよ


???

しかし、へんなことに、今頃になって、こんな年になって、遅遅ながら、わたしは自我が芽生えてきたように思う。
信じていない宗教の行事を行うのが、嫌だ。
「なら、やめたら?」と言われそうだ。
そんなことをす鑽石能量水ると、その地域で仕事を営業している夫の立場がない。
そして、せっかくここまで継承してきた義母たちに申し訳ない。

小泉純一郎さんの元奥さんのようなものか?(そんな、いいものではないが)
国会議員の嫁は、ノーサンキュー。
自分自身の人生を歩みたい。
だから、嫁を降ります。

そう言いたいところだが、できない。
もし、したとしても、自我を張りすぎ、主張しすぎても、絶対に後悔する。
義理は重んじたい。
なので、わたしは、自分の気持ちを抑えこんで、行事は無事終えられるよう、努力することだろう。
やることだけやって、義務を果たした後、すっきり清清しい気持ちで、サヨナラしたい。
でも、その頃には、また考えが変わっている可能性が鑽石能量水ある。
年を益々とって、自分があの世が近くなって、ころっと思いが大転換しているかも知れない。

今は、こう思っていても、今後はわからない。

なるときに、なるようになればいい。
あまり、肩に力を入れず、流れに身を任せたい。
大きな流れには、身を任せたほうが、ストレスが少ない。
逆らうと、自分自身が、たいへん。

にっこり、悟ったような穏やかな笑顔で、お経のひとつも読んでいるかも知れない。
明日には明日の風が吹く。


自分で自分が守れない時は、ご先祖様が守、と思える日が来るのだろうか。
誰も、わたしも、そんな先のことは、わからない。
夫が、高校の同窓会ゴルフコンペに参加した。
その後、飲み会。
社会で成功した人しか参加してしてなかったそうだ。
(成功といっても、この場合の成功は、飛び抜けて、というわけではPretty Renew 銷售手法ない。
ちゃんと職業を持って自立して生活している、といった程度だが)

女子はその点、楽。
とは言っても、夫が成功した人しか参加してないようにも思うが。
自分が成功した女子も参加している。

この記事へのコメント