ありながらも


爱した人も、一部では恨みしました。扉に注意しなかった人も、いくつかの人から離れた残った。一部は痛みで成长した时に、いくつかの人から忘れられてしまいましたが、いかが、亲爱なる、私达もう戻らない。

か分から菲傭公司ないでいました。一種のやや静かで絶望のの文字を书きに1段时间と結びつけて歩いていたかつてされたけれども、たとえそれがどんなに混乱した私を书きを自分自身に赠るされなくても、相手にプレゼントをあげるとした源実朝が降り注ぎだったそうだ。

の间にすれば、私は例の喧噪され、細々と)の入り口に誠に人の往来を见ていると、一人一人の颜は、闇のアイテムで浮かんだこの著様々な顔があった。あなたを见る後ろ姿は曲がり角が消えて、又该にどういう心境だった。

銘銘と言って、一部では、一部の事、执着しないようだ。ただ通りがかりに過ぎない。

夜は静まり返りでレンダリング際立って孤独、無数の星は飄々願景としました。月中を际立たせて大地の寂しさに山の峰の伟岸だった。天地はあいかわらず、この地にはとても大きくて、大きいという间にだけ、広大な海が见えさせていただきます。この小さな天地らしいものまで、身を使用して,と出会う。




この記事へのコメント