それからも残さ

悲辞断章,目覚めを失った。私は知らないような酔著轻飘の感覚を手にすることができるに滑り、危険はまだどんな信念を支えに歩いたすれば、日本は、永远に立ち去ることはラクもあり価値意義のあることなら、私はむしろ长眠不醒、二度と行く必要はありません悲し浅扣心の扉を痛めたことは二度とない感慨を人生の嘆いたのだ。

現実を与えて下さった无辺の失望して、そこで私が歩いている网路のうち、隠匿、苍凉の陰に隠れていた日は、たまに:5通过qqぼんやりしていること、友达の空間をうろついて、ずに一つの言叶、急いで閉鎖していた。みたいな久し振りの再出会いがあって、私は経歴の感慨で失っだった。一部のあいさつに立ち向かって、僕はいつもは简単でしびれる表情を回复衆人しないと答えた。

現実の中にのって他人を少しも嫌いな赈(にぎ)の群集の後始末の私は、いつも隠れてしながら静かな隅、空を眺めつつ、気が云霞から密かに塗れて溢れ出たきらきらに乾いて、一部の善感します」と笑颜が呟くと、自分たちのことを知らないで、私はとても良いです。人生の出会いと别れの中で、私はひとつが完璧な饰り、过客だった私は、(政府の)どのひとりがありません。ただ、特にと笑った赤の他人だのだろうか。

この記事へのコメント